2012年12月12日

世界の玩具はさまざまなものがある

テレビコマーシャルなどではよく、きれいなキャラクターものの玩具が宣伝されて、そうしたキャラクターのイメージによって宣伝が行なわれている、ということが当たり前だということに、日本ではなっています。
海外でも確かに、あるキャラクターの人形や玩具が宣伝されるということはあるわけですが、そうしたきらびやかなプラスチック製の玩具ばかりが、存在しているわけではないのです。
なぜそういえるかというと、インターネットの普及によって、さまざまな国のウェブサイトにダイレクトでアクセスすることができるようになって、玩具についてもさまざまなものがあるということを、一般市民が簡単に確認できるようになったからです。
日本にいるとなじみのない、フィンランドやスウェーデンといった国の玩具でさえも、日本に居ながらにして、どのようなものが販売されているのか、分かるのです。
北欧や、ヨーロッパでは、玩具として、とくに幼児用では、天然木材の積み木というような、情操教育に役立つものが、売り上げ好調だということだそうです。
たいていの国にはインターネットを通じてアクセスできますから、世界の玩具について、いろいろと調べてみることをお勧めします。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.